本文へスキップ

大学心理学部に興味がある高校生のための情報サイト。心理学部偏差値・おすすめ大学・資料請求

臨床心理士になるには

トップページ臨床心理士> 臨床心理士になるには

臨床心理士になるには?

臨床心理士とはどんな職業なのか、そして、高校生が臨床心理士になるにはどうしたらいいのかを調べました。


臨床心理士とは?

臨床心理士とは、臨床心理学にもとづく知識や技術を用いて、人間の“こころ”の問題にアプローチする“心の専門家”のことです。(心理カウンセラー)

日本には心をケアする仕事はたくさんあります。

心理カウンセラー、サイコセラピスト、心理相談員、などなど。また、心理学の資格もたくさんあります。

しかし、ほとんどの資格が民間が認定するもので、資格をとっても仕事に直結するのもは少ないです。

”臨床心理士”は、文部科学省の認可する財団法人日本臨床心理士資格認定協会が認定する資格です。

心理学の資格の中で、1番難易度が高く、心理カウンセラーの仕事に就きやすいです。

文部科学省が実施する”スクールカウンセラー”の約8割が、臨床心理士の資格所有者!



臨床心理士になるには?

臨床心理士になるには?

臨床心理士の資格

臨床心理士とは、大学院の修士課程において、心理学を専攻し、1年以上の心理臨床経験を有する者(又は、これと同等の者)で、かつ、財団法人日本臨床心理士資格認定協会の審査の結果、認定された者です。

心理学の資格・仕事はたくさんありますが、臨床心理士が一番信用が高く、仕事に直結した資格です。

心理学の資格・仕事を本気で目指す方に、臨床心理士をオススメです!!


臨床心理士になるには

大学 → 大学院 → 試験 → 合格 → 臨床心理士 

臨床心理士になるには日本臨床心理士資格認定協会が指定する大学院を修了する必要があります。

第一種指定大学院第二種指定大学院通信制大学


臨床心理士の合格者数

臨床心理士試験の合格者数

心理学の資格の中で一番難易度が高くて、使える資格なのが臨床心理士です。

では試験の合格率はどのくらいなのでしょうか?また、合計人数はどのくらいだと思いますか?

臨床心理士の資格認定は、1988年にはじまりました。2013年4月1日時点で、26,329人の臨床心理士が認定されました。

臨床心理士には一定の研修を条件に5年ごとに資格を更新する義務がありますので、2013年4月1日現在、臨床心理士の有資格者は、24,980人です。

臨床心理士の資格認定されたけれど、更新されていない方が少しいます。もったいないですね。


臨床心理士試験の合格者数と合格率

年度 受験者数(人) 合格者数(人) 合格率(%) 累計合格者(人)
平成15 2,266 1,450 64 11,533
平成16 2,809 1,720 61.2 13,253
平成17 2,905 1,844 63.5 15,097
平成18 2,495 1,635 65.5 16,732
平成19 2,205 1,519 68.9 18,251
平成20 2,412 1,579 65.5 19,830
平成21 2,531 1,577 62.3 21,407
平成22 2,607 1,598 61.3 23,005
平成23 2,740 1,661 60.6 24,666
平成24 2,812 1,663 59.1 26,329


日本臨床心理士資格認定協会より引用 


⇒心理学部偏差値を見る