本文へスキップ

大学心理学部に興味がある高校生のための情報サイト。心理学部偏差値・おすすめ大学・資料請求

心理学者の年収

トップページ心理学者 > 心理学者の年収

年収・給料・収入

心理学者の年収は勤務先により異なりますので、国立・私立大学など勤務先ごとの年収を調べました。


国立大学・心理学者の年収

国立大学心理学部の教授の年収

心理学者の年収はいくら?気になりますよね。以前は国立大学で働く大学教員の年収は同じだったのですが、独立行政法人になってからは、各大学ごとに、微妙に違うようになりました。国家公務員のお給料よりほんのちょっとだけ多いくらいです。(プラス大学教員手当)

多くの大学教授が、自分のお給料は『安い』といいます。そうはいっても、食べていけないほど安くなありません。大学教授は大学院時代の同級生で超一流企業に就職した人と比較して、『安い』といっているのです。


私立大学・心理学者の年収

私立大学で働く大学教授(心理学者)の年収は、ピンキリです。一般的に、都市部にある有名私立大学のほうが、お給料が高いといわれています。

都市にある大学の年収 > 地方の大学の年収
私立大学の年収 > 国立大学の年収

大学教授の年収は1,081万円、 月収は65万円、ボーナスは298万円。(年収ラボより引用)


研究機関

研究機関で働く心理学研究者の収入

国立研究所と、民間の研究所があります。大手企業が経営する研究所は、30代で年収1000万円以上の好条件です。こちらも、ピンキリです。


副業

大学教員・心理学者は、副業が可能とされているケースが多いです。なので、本を出版したり、テレビに出演したりするなどの、副業で稼ぐこともできます。テレビ出演料は、大学教員などの文化人はタレントより少し安いらしいです。


客員研究員

給料 月給

大学院を卒業して、心理学者の仕事につくために就職活動をしたけれど、狭き門なので、なかなか採用がきまらないケースがあります。そんなときは、つなぎとして、任期制の客員研究員になることがあります。

客員研究員は、数年契約で働く研究者のことです。お給料は、正規雇用の大学教員や研究者より少なく、雇用も不安定です。


独立

大学などで実績をつんで、心理学者・心理カウンセラーとして独立すれば、実力しだいで年収があがります。独立の内容:カウンセリングの本の執筆、TV出演、心理カウンセリングなど。

好きなこと仕事にしたい!
将来の仕事を調べる


『心理学者の年収』のまとめ

●国立大学教授 ★★★ 国家公務員+

●研究所 ★★★★★ 大手企業系列の研究所は高給取り。

●副業 ★★★★★ 実力しだいで大儲け!!

★★★★★ 年収が高い  ★★★ 普通   やや低い


心理学部のある大学 PICK UP

心理学部のある大学

日本女子大学  人間社会学部 心理学科

心理学科は、「こころ」の仕組みや働きに対して、科学的・実践的にアプローチする学問です。

基礎心理学と人間関係(臨床)心理学を柱としながら、他のさまざまな領域の心理学を複合的に学習できるよう科目を配置。

学生が主体的に関われるような実験演習や臨床実習などに力を入れ、きめ細かい指導を行っています。偏差値も高く、人気の女子総合大学です。


心理学者 PICKUP

心理学者の先生からアドバイス

埼玉工業大学   人間社会学部  心理学科
友田貴子先生 (心理 うつ)

どうすれば気分の回復につながり、うつ病を未然に防ぐことができるのか…。それが私の研究テーマです。

これまでの研究で運動が気分の回復につながることがわかってきました。運動といってもハードなスポーツをする必要はなく、からだを動かすタイプのテレビゲームでも効果があるんですよ! “うつ病を未然に防ぐ方法”を私たちと一緒に研究してみませんか?


⇒心理学部偏差値を見る