本文へスキップ

大学心理学部に興味がある高校生のための情報サイト。心理学部偏差値・おすすめ大学・資料請求

心理学の授業

トップページ大学心理学部 > 心理学の授業

心理学の授業

心理学部の授業・講義はこんな感じです。

大学・専門学校でおこなわれている心理学の授業(講義)を具体的にご紹介します。大学選びの参考にしてください。

大学では授業のことを、『講義』といいます。講義は、1コマ90分です。


社会心理学

社会心理学 大学資料請求●相手が変わるとキャラクターも変わる不思議!

私たちは社会生活を営む中で、何らかのグループに属しています。クラスメイト、部活の仲間、中学時代の同級生など、それぞれのグループにおいて、自分がどんなキャラクターなのか意識したことがありますか?

たとえば、部活ではみんなの意見をまとめるリーダー格、クラスの中ではジョークを飛ばしてみんなを笑わせるムードメーカー、家の近所では物静かで礼儀正しい若者など、自分で意識するしないにかかわらず、それぞれ帰属しているグループによってキャラクターを使い分けている場合が多いのです。

キャラクターを使い分けていると、たとえば、彼氏と一緒にいる時に、友達とバッタリ遭遇して「いつもと違う!まるで別人みたい」と、友達に驚かれた…などという経験はありませんか?(つづき  ↓)

(スタディサプリ 奈良大学  好奇心の授業 参照)


社会心理学

●恋も勉強もスポーツも。ライバルって、敵?味方?

例えば、サッカーのPK戦。相手チームが蹴る際は「はずせ!」と願うはず。でもそれって、実は自分にとってマイナスになるって知っていました?

たとえ「はずせ!」と願ったところで、相手側のキッカーがはずすというわけではないし、「入れろ!」と念じたからといって、入るわけでもない。

当たり前ですが、自分ではどうすることもできません。

ある有名なスポーツ選手は、PKの際には、「入れろ!」と念じるらしい。理由は、そうすれば仮に入れられたとしても、自分が蹴る時に冷静でいられるから。

つまり、相手のことを考えているのではなく、自分が冷静でいるために「入れろ」と念じているわけです。(つづき↓)

(スタディサプリ 静岡産業大学  好奇心の授業 参照)


産業・組織心理学

大学 資料請求●受験生必見!“モチベーション”を高めて、受験戦争を突破する方法を伝授

モチベーションを上げる7つの秘策

勉強しなきゃいけないのに、全くやる気が出ない…そんな悩みを抱えるそこのキミ。モチベーション(やる気)を高めれば、受験戦争もきっと乗り切れる。その秘策を伝授します!

■目標を明確にする
「なぜ○×大学に行きたいのか」と目標をハッキリさせましょう。自分が納得できれば、モチベーションは上がってきます。

■高い目標を持つ
すぐに達成できるような目標では、努力する必要もなくなってしまいます。ぜひ目標設定は高めにしましょう。 (つづき↓)

(スタディサプリ 東京未来大学  好奇心の授業 参照)


心理学

心理学 資料請求●直感で選べば、人生はうまくいく!

もともと人間には『自分を幸せな状態で満たすための本能』というものが備わっています。たとえば健康を意識しなくても、“食べたいと感じるもの”を食べていれば、不思議とバランスのよい食生活を送れるようになっている事が多いのだとか。

それはココロも同じで、“素直に心が惹かれるもの”を選ぶと、素敵な満足感が得られます。恋愛や友だちなどの対人関係では、ファッションや話すテンポが似ているなどの類似性に本能的に惹かれる傾向もあるのです。

おたがいの感覚が似ていれば、自然体でいることができ、幸せな関係が長続きしやすいからです。『直感』に従えば、本来うまくいくのです。 (つづき↓)

(スタディサプリ 東海学園大学  好奇心の授業 参照)


⇒心理学部偏差値を見る



心理学

メイクをする女の子●メイクをしてキレイになることが、心を健康に保つ秘訣!? 

アイラインをしっかり引いたり、アイシャドウのカラーを変えることで、気持ちが引き締まったり明るくなったりすることがありませんか?

実はメイクって、ただ自分をキレイに見せるだけじゃなくて、行動力や積極性を高めてくれたり、安心感を生み出してリラックスした気分にしてくれたりもするとか。

こういったメイクの利点は、臨床現場にも取り入れられていて、たとえば心に問題を抱えた人や高齢者をはじめ、さまざまな人たちに元気を与えるきっかけにもなっています。

だから、メイクや装いで外見を整えることは、元気を出したい時やヤル気を出したい時にとってもオススメ。「今日はいつもより特に頑張ろう」という日には、少しメイクを変えてみては?(つづき↓)

(スタディサプリ 京都橘大学  好奇心の授業 参照)


犯罪心理学

心理学●きちんとした服装の人は罪が軽くなる?

裁判官の前に現れた被告人。スウェットの上下にスリッパを履き、腰にはヒモがかけられています。映画やドラマでもおなじみのシーンですね。

では、もしもこの被告人が、きちんとしたスーツを着ていたり、きれいにお化粧をしていたら、裁判の結果は変わるのでしょうか?

もちろんプロの裁判官は、服装や身だしなみなどで判断しませんが、もし一般の人だったら?

そんな実験が、駿河台大学の原ゼミで行われました。 結果は20人中5人が、きちんとした服装の人の求刑を軽くしたのです。 これは心理学で説明がつきます。(つづき↓)

(スタディサプリ 駿河台大学  好奇心の授業 参照)


非行心理学

心理学部 大学 資料請求●値切る力が、コミュニケーションのバロメーター!?

買い物で、値切ったことはありますか? 最近はレジのある店で買い物をすることが多いため、値切った経験がある人は少ないのではないでしょうか。

でも、“値切る”という行為は、実はコミュニケーションと大きな関わりを持っています。魚屋に入り、いきなり「この魚、いくらになりますか」と聞いても、安くしてはもらえません。

値切るためには「今おいしい魚は?」「この魚はどのように料理するの?」など、言葉のキャッチボールを重ね、相手が「このお客さんなら安くしてもいいかな」と思える関係性を作らなければ、値切りは成功しません。それが人間関係を築くコミュニケーションです。 (つづき↓)

(スタディサプリ 花園大学  好奇心の授業 参照)


組織心理学

心理学者になるには?●“褒められ隊”新隊員募集中!

「なんであの人ばかりみんなに褒められるの?」という人、周りにいませんか?

実は、そんな人たちをよく観察すると、1つの共通点が見えてきます。それは、相手の良い所をたくさん見つけて褒めていること。自分が褒められる前に、相手を褒めているのです。

これは、心理学で言う「互酬性」という行動パターンで、人は相手からされたことを、相手にも返そうという気持ちが働くのです。

なので、相手を嫌な気持ちにさせれば、相手もまたあなたに対して嫌なことをやりたくなってしまいます(いわゆる仕返しです)。

だから、自分にとって居心地の良い環境を作るには、相手にとっても心地良い環境にしてあげる。まずは、小さな事を褒めることから始めてみませんか?(つづき↓)

(スタディサプリ 北海道医療大学  好奇心の授業 参照)


児童心理学

赤ちゃんをあやす母親●赤ちゃんがよろこぶ「いないいないばあ」には、心理学的な意味がある?

赤ちゃんと目が合うと、ついつい「いないいないばあ〜」と声をかけてしまう人も少なくないはず。

笑ってくれると、こちらまで気持ちが和みますよね。でも、いないいないばあに反応するのは、ほぼ生後半年を過ぎてからだってことを、知っていましたか?

赤ちゃんの体と心は、誕生してから毎日少しずつ成長していきます。泣いてばかりいた赤ちゃんが、いつの間にか笑うことを覚え話すことを知り、やがて歩くことに挑戦する…。

今これを読んでいるあなただって、そうだったんです。 (つづき↓)

(スタディサプリ 大阪こども専門学校  好奇心の授業 参照)


応用心理学

カーテンを開けて朝日を浴びる女性●人のココロは色の“温度”に左右される!? 

コンビニエンスストアや学校の教室、会社のオフィスなどの照明には、一般的に白っぽい光の蛍光灯が使われています。

一方で、落ち着いた雰囲気のレストランや、ちょっと高級な洋服屋さんでは、赤っぽい電球(白熱灯)が使われているケースが多いようです。

蛍光灯のもとでは明るく、さわやかで、活動的な気持ちになり、電球のもとでは落ち着いて、リラックスした気持ちになるという経験は、誰もがしたことがあるのではないでしょうか? (つづき↓)

(スタディサプリ 中京大学  好奇心の授業 参照)