本文へスキップ

心理カウンセラー・心理学の資格一覧とおすすめスクール。

ひきこもり支援相談士の試験情報

ひきこもり支援相談士の資格について。


ひきこもり支援相談士の資格・試験情報

資格概要 引きこもり当事者(本人・家族)に第3者として支援するための方法を学ぶ。
受験資格 養成校のレポートに合格した後、一般社団法人 ひきこもり支援相談士認定協議会に「ひきこもり支援相談士認定証書」の発行申請をおこなうと、「ひきこもり支援相談士」の資格を取得できます。
検定料 5,000円(申請料)
資格団体 一般社団法人 ひきこもり支援相談士認定協議会

特徴

ご相談、またはご紹介を受けた引きこもり当事者またそのご家族に対し、自宅に訪問(訪問サポート)しての問題改善の為の支援・家族面談・カウンセリングを行います。


スクール情報

ヒューマンアカデミーたのまな(通信)

特徴

学習内容
・なぜ「ひきこもり支援」が必要?
・「ひきこもり支援」の基礎知識
・「ひきこもり支援」を必要としている人たちは
・相談支援における基礎知識 ・相談支援の流れ
・進め方 ・ひきこもりと医療機関への繋がり

スクール所在地一覧

通信講座

資料請求

ヒューマンアカデミー通信


口コミ・評判


『ひきこもり』について

引きこもりは、数年前までは主に学生が多くみられましたが現代では大人でも引きこもりをする方が、多くみられます。

年々、引きこもりをする年齢層が高くなっています。それによって何年も引きこもってしまう光景があります。

現代では、引きこもりの高年齢化と長期化の問題視にもされています。それによって生活困難と貧困にも、なりやすくなっています。

引きこもりをする方は好きこんでしてるわけではありません。

心(精神)に傷を負ってしまい色んな事に対して不安と辛さが重なり何とかしたくても、できず悩んでる方ばかりです。

誰にも相談できず苦しんでいる人ばかりなのです。

家族のサポートも困難になってきています。

引きこもりとは

引きこもりは病名でも病気でもありません。心に問題が現れの意志表示の1つです。

何ケ月や何年も家に引きこもって、自分の殻に閉じこもってしまう行為のことです。また、外出や学校や仕事先に行きたくても行けない状態です。

生活習慣にも影響されやすく体調も悪化しやすくなることもあります。

原因

個人差によって違います。

学校での、いじめや先生の体罰など、家での家族の不和や問題、勤務先の人間関係などの対人恐怖症状の表れが原因だと言われてます。

ストレスや、プレッシャーなどでもなりやすくなります。

また心の病気が主にあり何かの症状を発症しやすくなるため精神(心療)科に受診が必要になります。

サポート

引きこもりになった方の、サポートは色々とあります。個人に合わせた、サポートが必要となります。

周囲の理解が必要です。きっかけがないと、なかなか引きこもりからは抜け出せません。

引きこもりをする方に対応した支援や施設もあります。ですが数も人手も足りない状況が現実になっています。

当事者と家族、支援者などと話し合う事が、まず一歩です。

おすすめLINK⇒小学校に人気の習い事「ロボット教室」ガイド。教育カウンセラーのコラム記事もあります。


評判の良い心理カウンセラー講座はココ!