本文へスキップ

大学心理学部に興味がある高校生のための情報サイト。心理学部偏差値・おすすめ大学・資料請求

心理学者とは

トップページ心理学者 > 心理学者とは

心理学者とは?

心理学者とは、大学で心理学を専門に研究する大学教員、研究機関で働く研究者など、心理学の専門家のことです。

心理学系の仕事はは大きく2つに分類されます。大学・研究所などの研究者と、病院などで働く実践的な専門職です。


心理学系の仕事の分類

大きくなったら心理学者になりたい子ども

研究者

大学心理学部、国立研究所などに勤務して、心理の研究をする仕事です。

厳密には、大学教員は大学生に講義をおこなうなど、教育の仕事もします。研究して、論文にまとめ、学会誌に投稿したり、学会発表します。

心理学者はこちらの研究業務を主な仕事としている人を指します。

実践的な専門職

病院などではたらく、臨床心理士、個人でおこなっている心理カウンセラーなどは、こちらに分類されます。

*当サイトでは、心理学者=研究者と定義して、研究者のお仕事・資格などを中心にご説明しています。


心理学研究者の職場

心理学研究者の職場ってどんなところがあるの?

大学

【大学教員の職階名】

(上から)
上から、大学教授 > 准教授 >講師 >助教 > 助手 

心理学部心理学科の大学教員はすべて心理学者といえます。

また、上記のほかに客員研究員・博士研究員といった研究職の人がいます。

詳細:大学教授とは 

客員研究員とは、任期制の研究員のことです。
博士研究員とは、博士の学位をもっている研究員のことです。通称ポスドクといいます。


研究機関

研究機関には、国立研究所、独立行政法人研究所、民間研究所、などがあります。

例:理化学研究所


その他

心理学はいろいろば場面で使えるよ

心理学を学びたい!と考えている高校生の中には、心理学の研究者とゆうより、心理学を病院や教育現場などで、実践的な心のケアをする仕事に興味のある方も多いと思います。

研究分野か、実践分野か、早めに決めるほうがいいのですが、なかなか決められませんよね。

大学心理学部に入学してから、方向性を決めても決して遅くはありませんので、まずは、受験勉強がんばってください。

⇒心理学者のなり方の詳細はこちらのページでも解説しています。


⇒心理学部偏差値を見る



『心理学者とは』のまとめ

●心理学者 ★★★★★ 大学など研究機関で働く心理の専門家。

●心理カウンセラー ★ 心理学者ではありません。

●学会発表 ★★★★★ 国際学会などで発表して実績をつみます。

★★★★★ 難易度が高い  ★★★ 普通   やや簡単


大学心理学部 PICK UP

心理学を学んでいる男性

東京成徳大学  応用心理学部臨床心理学科

卒業後のさまざまな進路や資格取得に向けて、授業のほかに「キャリアアップ特別講座」を開講しています。

臨床心理学系大学院進学対策、保育士資格取得対策、公務員試験対策など、多数の講座を開講し、学生のキャリアアップをサポート。


大学心理学部 PICK UP

女性心理学者

青山学院大学  教育人間科学部心理学科

感覚・知覚などの基礎領域から社会・臨床などの応用領域まで幅広く学び、心の専門家を育成します。

臨床、発達、社会、認知の4つの分野を重視した授業を展開。卒業時には、申請のうえ、(社)日本心理学会の認定心理士の資格を取得できます。



⇒心理学部偏差値を見る